NEWS

エルーを買えるお店【東京・目白駅前】 目白田中屋 ~洋酒の博物館~

山手線・目白駅を出て左に歩くとすぐ。
看板は写真のようにアルファベット表記なので、見逃さないように気を付けてください。

広めの階段を降りると薄暗い地下に広がる空間には、床から天井までボトルが並ぶ圧巻の店内です。
なんだか外国の地下蔵に来たような雰囲気もあり、洋楽が流れる居心地のよいお店。
所せましと並んだボトルの多くに手書きのポップが書いてあり、それらを読みながら何時間でも過ごせてしまえそうな、洋酒の博物館のような風情です。

目白田中屋さんは、ウイスキー界では世界的にも有名なお店。
創業は1949年で、当初は喫茶店として始まったそうです。
プロのバーテンダーさん達も御用達で、特にウイスキーやビールの品揃えがすごいと言われますが、蒸留酒類も珍しいものが沢山見受けられます。
お酒の文化の幅広さ、奥深さ、面白さがひしひしと伝わってきます。
また、非常に接客が丁寧で、黙っていればそっとしておいてくださるし、質問をすれば大変詳しく教えてくださいます。
お酒好きな方へのギフト選びは、なかなか難しい時がありますが、そんな時にも大変お勧めです。

そんな田中屋さんには大きなワインセラーがあります。
なんと今回そのワインセラーの中心に、エルーを並べていただいております!
もちろん、手書きのポップもそれぞれに付けていただきました。

ご担当の米川さんに伺うと、スタッフさん達の試飲でエルーのシードルが高評価で、既にご購入くださった常連さんもいるそうです。

例えば、定番のキュヴェ・トラディションは
「野性的な香りだが、口に含むとピュアなりんごの香りに、果実のやさしい甘味とおだやかな酸、ビターな後味でおどろくほど長い余韻」
とコメントいただいています。

わざわざ遠くからも出向く価値のある、目白の田中屋さん。
通販はやっていないので、ぜひ現地でゆっくり時間をとってお買い物を楽しまれてください。

アクセス:JR山手線【目白駅】徒歩1分
住所:東京都豊島区目白3-4-14 田中屋ビル B1
営業時間:11時から20時
定休日:日曜日

食べログ▶ https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130502/13205310/