NEWS

エルーを買えるお店【東京・阿佐ヶ谷パールセンター】 酒ノみつや ~専門店とはヒトの魅力~

新宿から中央線で10分以内、サブカルチャーやジャズの町としても人気の阿佐ヶ谷にある街の文化発信地のような、お酒専門店
1924年創業 (大正13年)の「酒ノみつや」さん
こちらで、エルーのお取り扱いが始まりました。

阿佐ヶ谷駅の開業から2年、関東大震災の翌年に創業ということで、復興の時代にスタートしたお店。
第二次世界大戦の翌年に創業したメゾン・エルーと同じパイオニア精神を感じます。

阿佐ヶ谷駅南口から商店街パールセンターを進むと、圧倒的な商品密度で異彩を放つお店が!
所せましとぎっしりと積まれたボトルには、手書きのコメントが添えられていて、それらを読みながら眺めているだけでも時間があっという間に過ぎてしまいます。

現在の店主は三代目の治(オサム)さん。
80年代にアメリカへ留学していたご経験から世界のワインやビールなどもいち早く目を向け、ワインの個人輸入をしたり、はたまた現在はオリジナル日本酒をプロデュースしたりと販売以外のご経験も豊富!(オリジナル日本酒はそのなも「The GANG」ラベルはスタッフさんたちのシルエット)
ワインやクラフトビール、日本酒など圧巻の品揃えも、流行やブランドではなく、しっかりと目利きで選ばれているので、他にはない魅力的な商品が並んでいます。

表も凄いけれど裏も凄い!
奥に進むと現れる角打ち 、その名も「裏の部屋」
こちらでは、月に数日、本格的な江戸前鮨を握る職人さんがいらっしゃるとか。酒屋で鮨を?!という斬新かつ楽しい発想で、ファンの集う大人気のイベントのようです。
また普段からオサムさんの面倒見のよいお兄さんのようなところに惹かれてお客さんが集まってくるようで、実はエルーを紹介してくれた方もオサムさんを慕っているお店のファンであり、ミュージシャン。

シードルも早い時期から色々とお取扱いをされてきたようで、営業に行った際には、日本でのシードル市場の変遷など色々勉強になるお話を聴かせていただきました。

エルーを日本に持ってくるからには、その魅力をしっかりと伝えて大切に届けてくださるお店に託したい・・・そんな私の希望をかなえて下さる素敵なお店に、安心してお任せすることができました!

ご縁をつないでくれたミュージシャン仲間、パンク青年のJetty君にも感謝です。

アクセス:東京メトロ丸ノ内線【南阿佐ケ谷駅】徒歩4分
JR中央線【阿佐ケ谷駅】徒歩8分
住所:東京都杉並区阿佐谷南1-13-17
電話: 03-3314-6151

食べログ▶ https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131905/13152178/